【レビュー】シャボン玉石けん シャボン玉キッチン液体タイプ(食器洗い石けん)

スポンサーリンク

絶対的な安全性と抜群の洗浄力!

普段は固形タイプを愛用していますが、水筒やペットボトル等を洗う際はこちらを使用しています。

どこにでも売っている合成化学洗剤系の食器洗い洗剤のように「とろみ」が無く、水のような本当の石鹸水という感じですので、やや多くの量を消費してしまうこともあると思いますが、洗浄力は固形と同等、泡切れも良く、油汚れも綺麗にすっきりと洗い上がります。

ただし、「冷水で洗った場合」は汚れはあまり落ちません。

石鹸全般に言えることでもありますが、「石鹸は冷水ではパワーが発揮しない」為、「洗浄力が弱い」「油汚れが落ちない」と書かれている方はおそらく、温度が低い水で使用していると予想できます。

油汚れが強い時ほど、お湯の温度も少々高めにして洗うということを心がければ、ギトギトの油汚れもスッキリ綺麗に落ちます。

そして、洗い流すときも「綺麗に洗った食器洗いスポンジ等」で軽くこすりながら泡を落とすほうが、食器や器具に付いた石鹸を綺麗にしっかり流すことができます。

理由は、石鹸自体も油であるということで、食器や器具などに薄く膜を張るような感じで付いていることがあるということ。

具体的に言えば、お茶を淹れる急須を洗って、見た目の泡だけを落として乾燥させた場合、次にお茶を淹れたときに石鹸が溶け出て変な味になります。

安全な石鹸なので害はありませんが、「洗い流す時は、スポンジで軽くこすりながら、お湯で落とす」ことを心がけましょう。

これまで、合成化学洗剤系の食器洗い洗剤を使用してきましたが、家族の健康に関する安全性を考慮したことをきっかけに、こちらの洗剤を使用するようになりました。

健康にも環境にも良く、年中「指先のひび割れ」で悩んでいた母親の手荒れも改善しましたが、本当は極端に肌が弱い人は「固形や粉末」のほうが合います。

理由は「固形や粉末のほうが、より肌にやさしいから」です(メーカーさんからアドバイスをいただきました)。

特に、ひび割れや手荒れ等の肌に悩みがある方には、なるべく固形タイプを使用されることをオススメします。

Amazonで購入

楽天で購入

シャボン玉 台所用せっけん 液体タイプ 300ml【楽天24】【あす楽対応】[シャボン玉石けん 環境洗剤(エコ洗剤) キッチン用]

シャボン玉 台所用せっけん 液体タイプ つめかえ用 250ml【楽天24】【あす楽対応】[シャボン玉石けん キッチン石鹸 詰替 シャボン玉]【イチオシ】

スポンサーリンク

フォローする