【レビュー】Patech 望遠レンズ HDカメラ レンズ 2倍望遠 クリップ式カメラレンズキット iPhone/Samsung/Sony/HTC/Androidスマートフォンなど対応 PA009AY

レンズ

スマホに挟んでカメラのレンズ部分に合わせるだけで、簡単に使用できるスマホ用カメラレンズです。

気軽に使えるクリップ式ですが、とても高品質でクリアなレンズが採用されていますので、本格的な撮影をしたいときにも最適です。

透明度がとても高いので、装着していることがまったく気にならず、クリアな撮影ができました。

フレームの材質はアルミ+銅メッキ。耐久性も見た目も、高品質で高級感を感じます。

クリップ部分もしっかりしたプラスチック素材で、挟む力も強めでしっかり

クリップの両先端部分である「レンズが直接当たる部分」と「対面」には「ラバー素材」が施されており、「しっかり挟む力+ラバー素材」でズレにくい工夫もされています。

スマホの背面カメラだけでなく、前面のフロントカメラにも使用できますので、自撮り等にも効果的です。

倍率は2倍。風景などの遠景を撮影すると、スマホ単体では絶対に撮影できなかったズームの写真をクリアな画質で撮影できました。

また、遠景のみではなく、近景や接写などにも効果的で、特に接写(マクロ撮影)では、クリアで繊細かつ迫力ある写真の撮影ができ、本当に感動しました。

装着の相性の注意点として、「背面カメラのレンズ周りが突出しているスマホ」や「背面カメラのレンズ周りに飾り枠があるスマホ」は、本体レンズとクリップ式レンズとの間に隙間ができてしまったり、装着が斜めになってしまう場合があり、写真や動画の四隅が暗くなったり、ピントが合わない等、本来の製品の機能を発揮できない可能性があります。

また、現行のスマホの厚みに最適な設計ですので、古いスマホやタブレット等のような厚みがある機種でも、装着が斜めになってしまう場合がありました(SO-03Dで確認)。

あくまで相性であり、最近のスマホであれば問題ありませんので、製品に問題があるといった意味ではありません。

簡単に使用できて、スマホのカメラの性能を大きく引き出してくれる、クリップ式カメラレンズの逸品です!

スポンサーリンク

解説動画

開封と内容の確認

パッケージはシンプル

パッケージはシンプルです。

上面に、商品名などが記載されたラベルが貼られています。

無駄な印刷が無く、コストカットされていることがわかります。

型番は「PA009AY」とあります。

カード状の説明書

開封すると、カード状の説明書がありました。

「スマホのレンズの中央に合わせてください」といった感じの内容です。

レンズ本体

レンズ本体です。

キャップで保護されています。

収納袋

レンズの収納袋です。

柔らかい素材で、レンズを拭くこともできます。

収納袋、説明書、レンズ

収納袋、説明書、レンズの3点でした。

使い方

レンズ

レンズを保護しているキャップを外します。

4群5枚の高品質でクリアな望遠レンズで、フレームはアルミ+銅メッキの高級感あるデザインです。

レンズの直径は日本の500円硬貨よりも大きく、透明度も高いのでクリアな撮影が可能です。

クリップを挟みます

スマホのレンズ部分に被せるように、クリップを挟みます。

カバーを外してから使用する

前面のレンズにも使用可能ですので、自撮り等の撮影にも効果的です。

カバーを外してから使用する

こちらのように、スマホにカバーを被せている場合、レンズ部分にピッタリ合わせることができませんので、カバーを外してから使用することをオススメします。

レンズの比較

レンズの比較

同店で販売されている「Patech 238度超広角レンズ」との比較です。

見た目はよく似ていますが、望遠と広角ですので、機能は違います。

どちらも高品質でクリアなレンズで、見た目も高級感と重厚感があります。

注意点

本体のレンズ部分の周辺が突出

注意点として、こちらのスマホ「FREETEL Priori3 LTE」のように、本体のレンズ部分の周辺が突出していたり、レンズ周辺に飾り枠などがある場合、撮影する写真や動画の四隅が、暗くなったり、ピントが合わない場合があります。

完全にピッタリと合わせられない

このように、完全にピッタリと合わせられないので、少し傾いて浮いた感じの装着になります。

古いスマホなどは現行品よりも厚みがある

また、古いスマホなどは現行品よりも厚みがあるため、レンズ部分は平面でも、傾いた状態になる場合があります。

このように、斜めで隙間ができます。

画面側にダンボールの切れ端などを挟む

これを可能な限り解消する方法として、画面側にダンボールの切れ端などを挟むことで、ある程度、隙間を埋めることができました。

もちろん、これは製品が悪い訳ではなく、相性のお話ですので、通常は問題ありません。

私は、こちらのスマホと、先ほどの赤いスマホ「FREETEL Priori3 LTE」の2台しか所持しておりませんので、画素数が高いこちらの「Xperia acro HD SO-03D」で、今回のテスト撮影を行います。

効果の検証 室内編

レンズを装着する前

机の上に置物を置き、レンズを装着してみます。

レンズを装着した後

2倍の望遠効果で、置物が大きく映りました。

レンズを介しているとは思えない、とてもクリアな撮影が可能です。

使用前の写真

使用前の写真です。

使用後の写真

使用後の写真です。

比較した合成写真

比較した合成写真です。

室内でも綺麗に撮影できました。

効果の検証 屋外編

こちらの風景を撮影

屋外でのテストは、こちらの風景を撮影してみます。

スマホは三脚に固定

スマホは三脚に固定しました。

スマホ単体で撮影した写真

まずは、スマホ単体で撮影した写真です。

望遠レンズを装着して撮影

次に、望遠レンズを装着して撮影します。

望遠レンズを装着した写真

装着の加減により、左右のピントが若干合っていませんが、鉄橋はとてもクリアに撮影できました。

使用前・使用後の合成写真

使用前・使用後の合成写真です。

2倍率ですが、それ以上の迫力を感じます。

また、写真撮影のみではなく、動画撮影にも効果的で、とてもクリアなズームの動画を撮影することができました。

最後に、撮影した写真をお楽しみください。

近景の接写にも効果的

遠景だけでなく、近景の接写(マクロ撮影)にも効果的でした。

マクロ撮影

美しい写真が撮れました!

まとめ

スマホに挟んでカメラのレンズ部分に合わせるだけで、簡単に使用できるスマホ用カメラレンズです。

気軽に使えるクリップ式ですが、とても高品質でクリアなレンズが採用されていますので、本格的な撮影をしたいときにも最適です。

透明度がとても高いので、装着していることがまったく気にならず、クリアな撮影ができました。

フレームの材質はアルミ+銅メッキ。

耐久性も見た目も、高品質で高級感を感じます。

クリップ部分もしっかりしたプラスチック素材で、挟む力も強めでしっかり。

クリップの両先端部分である「レンズが直接当たる部分」と「対面」には「ラバー素材」が施されており、「しっかり挟む力+ラバー素材」でズレにくい工夫もされています。

スマホの背面カメラだけでなく、前面のフロントカメラにも使用できますので、自撮り等にも効果的です。

倍率は2倍。風景などの遠景を撮影すると、スマホ単体では絶対に撮影できなかったズームの写真をクリアな画質で撮影できました。

また、遠景のみではなく、近景や接写などにも効果的で、特に接写では、クリアで繊細かつ迫力ある写真の撮影ができ、本当に感動しました。

装着の相性の注意点として、「背面カメラのレンズ周りが突出しているスマホ」や「背面カメラのレンズ周りに飾り枠があるスマホ」は、本体レンズとクリップ式レンズとの間に隙間ができてしまったり、装着が斜めになってしまう場合があり、写真や動画の四隅が暗くなったり、ピントが合わない等、本来の製品の機能を発揮できない可能性があります。

また、現行のスマホの厚みに最適な設計ですので、古いスマホやタブレット等のような厚みがある機種でも、装着が斜めになってしまう場合がありました。

あくまで相性であり、最近のスマホであれば問題ありませんので、製品に問題があるといった意味ではありません。

簡単に使用できて、スマホのカメラの性能を大きく引き出してくれる、クリップ式カメラレンズの逸品です!

レビューは以上です。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。