【レビュー】DBPOWER PT100C ネットワークカメラ ワイヤレスカメラ 720P 100万画素 H.264圧縮 WIFI対応 IR-CUT機能 動体検知 警報機能 マイク内蔵 暗視機能

付属品の一覧

小型で高性能、スタイリッシュでキュートなデザインも魅力的なワイヤレスカメラ(無線監視カメラ)です。

スマートフォンやタブレットで簡単な設定を行うだけで、すぐに使用を開始できる手軽さが、使いやすさのポイントです。

高画質な動画を撮影可能で、さらに「PTZ制御」でレンズを左右に340度、上下に110度も動かすことが可能で、1万円を切る低価格でありながら高性能。

また、「赤外線ライト」も搭載で、夜間や照明の無い場所でも撮影ができます。

さらに、動くものを検知して録画を開始する「動体検知」機能も搭載し、「マイクとスピーカー」も内蔵されており、カメラとスマホで双方向の音声のやり取りも可能ですので、防犯としての使用はもちろん、赤ちゃんやペットの様子を見るカメラとしてもオススメです。

小型で使いやすく、作りもしっかり、低価格で高性能なワイヤレスカメラの逸品です。

スポンサーリンク

Part1 付属品とカメラの詳細 (開封・付属品の確認と詳細・カメラの詳細)

パッケージと付属品の確認

スタイリッシュでシンプルなパッケージです。

パッケージと付属品の確認です。

スタイリッシュでシンプルなパッケージです。

多言語で書かれた簡易説明書と、アラームを接続する部品です。

多言語で書かれた簡易説明書と、アラームを接続する部品です。

壁面取り付け用部品と、USB電源アダプターと電源ケーブルです。

壁面取り付け用部品と、USB電源アダプターと電源ケーブルです。

こちらが壁面取り付け用部品です。

こちらが壁面取り付け用部品です。

本体の下部に取り付けて使用します。

こちらが電源ケーブルです。

こちらが電源ケーブルです。

USBからの電源供給になります。

こちらがUSB電源アダプターです。

こちらがUSB電源アダプターです。

コンセントに挿して、先ほどのケーブルに電源を供給します。

壁面取り付け用部品を留めるネジとアンカーです。

壁面取り付け用部品を留めるネジとアンカーです。

本体はエアクッションに包まれています。

本体はエアクッションに包まれています。

手のひらサイズの小型で高性能、スタイリッシュでキュートなデザインも魅力です。

手のひらサイズの小型で高性能、スタイリッシュでキュートなデザインも魅力です。

付属品の一覧です。

付属品の一覧は下記のとおりです。
・カメラ本体
・電源ケーブル (USB形式)
・電源アダプター (USB形式)
・外部アラーム取り付け用部品
・壁面取り付け用アーム
・取り付け用ネジ x2
・取り付け用樹脂製アンカー x2
・簡易説明書

付属品の詳細

多言語の簡易説明書ですが、残念ながら日本語での説明はありません。

多言語の簡易説明書ですが、残念ながら日本語での説明はありません。

内容は、付属品の一覧とカメラ本体の説明、スマートフォンでの接続方法が掲載されています。

購入後は販売店より、PDFの日本語の説明書を送っていただけます。

こちらは、ネジと樹脂製アンカーです。

こちらは、ネジと樹脂製アンカーです。

アンカーは、壁面に開けた穴に埋め込むことでネジ穴を作ることができる部品です。

カメラ本体です。

カメラ本体です。

レンズを守るためにフィルムが貼られていますので、はがしてから使用します。

本体には、マイクとスピーカーが内蔵されており、カメラとスマホで双方向に音のやり取りが可能です。

本体には、マイクとスピーカーが内蔵されており、カメラとスマホで双方向に音のやり取りが可能です。

背面には、有線LANポートとmicroSDカードスロット、ブザー差込口、電源ポートがあります。

背面には、有線LANポートとmicroSDカードスロット、ブザー差込口、電源ポートがあります。

microSDカードは、最大128GBの大容量カードにも対応しています。

底面の中央にネジ穴があります。

底面の中央にネジ穴があります。

これは、付属の壁面取り付け用部品を取り付けるためのネジ穴です。

こちらが、壁面取り付け用部品です。

こちらが、壁面取り付け用部品です。

こちらを本体底面のネジ穴に固定することで、壁などの壁面に設置することができます。

しっかりと固定できましたら、アームの角度を決めてネジを締めます。

これで取り付けと固定ができました。

後は、こちらのネジ穴にネジを通して固定することで、壁面に取り付けができます。

取り付けは、このような状態になります。

取り付けは、このような状態になります。

続きまして、ブザー取り付け用部品の接続方法です。

続きまして、アラーム取り付け用部品の接続方法です。

背面の緑色の差込口に、こちらの部品をはめ込むことで、アラームを取り付けることができるようになるようです。

なお、アラームは別売りですので、今回は詳細な説明を省略します。

本体に電源を入れてみます。

本体に電源を入れてみます。

USB電源アダプターをコンセントに差し込みます。

電源コードはUSB給電ですので、小型で省エネであるところも魅力です。

電源ポートは、背面の右側にあります。

USBの差込をアダプターに差し込むことで、カメラの電源が入ります。

USBの差込をアダプターに差し込むことで、カメラの電源が入ります。

スイッチはありません。

電源が入ると、カメラが上下に動きながら1回転します。

カメラの角度は、水平方向が340度、垂直方向が110度に動かすことが可能です。

さらに、ズーム(デジタルズーム)も可能なうえ、赤外線ライトも搭載で、暗い場所や夜間でも撮影可能です。

「ピ、ピ、ピ」という電子音は、接続設定の準備が完了したという合図です。

カメラが正面で止まると起動完了です。

カメラが正面で止まると起動完了です。

カメラの詳細

カメラの「左右の動き(パン)」を、真上から確認してみます。

カメラの「左右の動き(パン)」を、真上から確認してみます。

「左右の動き(パン)」の角度は、公式ページによりますと「340度」です。

「340度」ですので、真後ろ以外はすべて撮影可能ということになります。

動きもスムーズで、音も静かです。

次に、「縦の動き(チルト)」をカメラの正面から確認してみます。

次に、「縦の動き(チルト)」をカメラの正面から確認してみます。

「縦の動き(チルト)」は、公式ページによりますと「110度」です。

このとおり「真上」を撮影可能です!

構造的に真下は無理ですが、「斜め下」もしっかりと撮影可能です。

赤外線ライトのセンサーは、レンズの上にあります。

赤外線ライトのセンサーは、レンズの上にあります。

暗くなると自動で点灯し、明るくなると自動で消灯します。

なお、映像では明るく紫色に点灯していますが、目視では「少しだけ赤く見える程度の光」で目立ちません。

【解説動画】Part1 付属品とカメラの詳細 (開封・付属品の確認と詳細・カメラの詳細)

【解説動画】【レビュー】DBPOWER PT100C Part1 付属品とカメラの詳細 (開封・付属品の確認と詳細・カメラの詳細)

※記事が長いため、全6ページに分割しています。